人間、加齢は避けられません。
しかし、以下の方法で「若さ」を維持することができます。
簡単に言うと、「人間の細胞(セル)を、若い状態に維持することです。セルの再組成ができる状態にしておくと、「若さ」を維持することができます。
①睡眠は、一日8時間は取ること。
人間の睡眠は、レム睡眠とノンレム睡眠に分別することができます。
このうち、「ノンレム睡眠」は、ご存じのとおり、「熟睡」を指します。
この「熟睡」は、脳に対して「休み」を与えます。心臓とか、肝臓とか、臓器には直接休みを与えませんけれど、心臓が安らぐことは事実です。
人間の心臓の「心拍数」は、一生を通じて、どの人間でも同じです。
そのため、「ノンレム睡眠」はよくとることが、まず重要です。
他方、「レム睡眠」は、「夢を見る睡眠」です。
よくいう「夢を見る」睡眠です。
このとき、体は「起きて」いるのとほとんど同じです。体に休みを与えていません。
この「導入睡眠」は重要であり、「ノンレム睡眠」がとれない、と思われる方は、勇気もって「内科」の「睡眠外来」を訪れましょう。
適度な導入睡眠剤を処方してくれます。
「マイスリー」とかの導入睡眠剤は、「お酒飲んだとき、ちょっと眠たくなる」原理を応用したお薬です。
出来てから20年も経っていません。副作用もありません。ただし内科医の「処方箋」は必要です。
ノンレム睡眠が足りないと思われる方は、試してみる価値はあるということです。
②タバコは、やめること。
タバコは、そこそこ年齢を重ねると、「心臓」に負荷を与えます。
極端な話、心臓を傷めると、「脳梗塞」の原因になります。だから、タバコはできたらやめることが重要です。血管年齢を若く保つことは重要です。タバコのニコチンは血管を傷めるので、心臓を傷めます。この心臓から、ノイズ入った血液が「脳」に入り込むと、脳のシナㇷ゚シスを傷めます。脳梗塞の原因になることのほか、「認知症」の原因になることもあります。
③適度な運動は大事です。
自動車が移動の現代社会です。しかしながら、「足を使わない」ことが、実は筋肉細胞を「再組成」することを邪魔しています。
成長ホルモンは、夕方の運動、特に「足を使って歩行をする」ことが重要です。これだけで「成長ホルモン」が分泌され、筋肉の細胞を「再組成」してくれるからです。
④お酒は、年齢重ねたら、控えるようにしましょう。
お酒を飲むと、もちろん「肝臓」にて分解されます。(アルコール)。肝臓は、実はアルコール分解能力は年齢とともに、分解能力が落ちます。
分解されないアルコールは、「脳」に入り込んでしまいます。これが脳の「シナㇷ゚シス」と「脳細胞」を破壊することになるからです。
酒は、付き合いでは重要です。しかしプライベートでは、なるたけ避けましょう。
以上、この①から④をすぐ行うことで、「成長ホルモン」が維持され、脳を傷めることはありません。
たったこれだけで、「美容」と「健康」が維持できます。
成長ホルモンが分泌される状態を維持しましょう。肌の若さも成長ホルモンが、あってこそです。
脳、心臓、肝臓、血管をいたわってやりましょう。

 

参考情報:マイブレイクレッドスムージー最安値情報